文書作成日:2018/10/31


 今年8月に発表された調査結果(※)によると、介護保険第1号被保険者(65歳以上)の数は、平成28年度末時点で3440万人。最近10年ほどの間でみても、700万人ほど増加しています。また、介護保険給付費も高齢化等によって増加しています。ここでは上記調査結果から、都道府県別に介護保険第1号被保険者1人あたり給付費をみていきます。




 平成28年度の第1号被保険者1人あたり給付費を都道府県別にまとめると、下表のとおりです。全国平均は25.2万円で、居宅介護(介護予防)サービス(以下、居宅サービス)が12.94万円、地域密着型介護(介護予防)サービス(以下、地域密着型サービス)が3.97万円、施設介護サービス(以下、施設サービス)が8.3万円となりました。






 都道府県別では、1人あたり給付費は島根県の30.99万円が最も高く、唯一30万円を超えました。最も低いのは埼玉県の19.92万円で、両県の額には10万円以上の開きがあります。
 サービス別では、居宅サービスは沖縄県が、地域密着型サービスは鹿児島県が、施設サービスは新潟県と鳥取県が最も高くなりました。全国平均と比べると、居宅サービスは23都府県、地域密着型サービスは31道県、施設サービスは34府県が全国平均より高くなりました。

 サービス別の給付費割合をみると、居宅サービスの給付費割合が高い地域がある一方、施設サービスの割合が高い地域があるなど、地域によって違いがあることがわかります。
 貴施設の所在地の状況はいかがでしょうか。


(※)厚生労働省「平成28年度介護保険事業状況報告(年報)
 介護保険事業の実施状況について、保険者(市町村等)からの報告数値を全国集計したものです。1人あたり給付費には高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入所者介護サービス費は含まず、数値は千円未満を四捨五入しているため、計に一致しない場合があります。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。