文書作成日:2018/12/31


 高齢化が進展する中、要介護や要支援認定を受ける高齢者も増えています。ここでは2018年8月に発表された調査結果(※)から、介護保険第1号被保険者(65歳以上、以下、第1号被保険者)数や第1号被保険者における要介護(要支援)認定者(以下、認定者)数などをみていきます。




 都道府県別の第1号被保険者数と認定者数、認定率をまとめると下表のとおりです。2016年度の全国の第1号被保険者は3441万人、認定者数は619万人、認定率は18.0%となりました。13年度が17.8%、14年度と15年度は17.9%で、徐々に高くなっています。






 都道府県別では、和歌山県や長崎県、島根県、大阪府、愛媛県、熊本県、秋田県、岡山県、徳島県で認定率が20%を超えました。また29都道府県で全国平均を超えています。一方、認定率が最も低いのは埼玉県で、茨城県とともに、15%未満になりました。
 ここでは都道府県別の状況を紹介しましたが、市町村別のデータ等も公表されていますので、貴施設の地域の認定率がどのようになっているか、状況を把握してみてはいかがでしょうか。


(※)厚生労働省「平成28年度介護保険事業状況報告(年報)
 介護保険事業の実施状況について、保険者(市町村等)からの報告数値を全国集計したものです。千人未満を四捨五入しているため、計に一致しない場合があります。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。